バナー

有料老人ホームの種類による介護サービスの違い

有料老人ホームには介護付と住宅型と健康型の3種類あり、それぞれサービスの提供の仕方に違いがあります。

有料老人ホームのサービスは、食事や生活支援や介護サービスなどから健康管理や生活相談サービスなどがあります。



介護サービスの提供方法は、有料老人ホームの種類によって異なります。介護付の場合は、施設の介護職員が介護サービスを提供します。

24時間常駐していますので、もしもの時にも安心です。


住宅型の場合は外部の介護サービス事業者を利用します。



訪問介護やデイサービスなど入居者が自分で選択できます。

OKWave情報に対応した情報サイトです。

住宅型の場合は要介護度が高くなると割高になりますので、注意が必要です。

介護保険のサービスを超えるサービスを提供してもらう場合は、別途費用が発生しますので事前に確認しておくと良いでしょう。

健康型の場合は、健康な方の入居を対象にしていますので介護が必要になった場合は退去する必要があります。

施設によっては、介護向けの居室に住み替えるところもありますので、事前に問い合わせると良いでしょう。


有料老人ホームは定期健康診断や薬の管理など、外部の医療機関と連携して医療を受けられます。
施設によっては、医師の指示で施設の看護スタッフが医療行為を行うことがあります。

医療機関を受診する場合は、医療費が別途掛かります。有料老人ホームは、設置する際に都道府県への事業の届出が義務付けられていますので問い合わせると情報が手に入ります。
都道府県の窓口で問い合わせるときちんと届出を出している施設か、未届けの施設か判断できます。
未届けの施設の中には劣悪な環境によって事件や事故を起こす施設もありますので、事前に調べておくと良いでしょう。